スーツケースレンタルは日本最大級の【アールワイレンタル】往復送料無料/即日発送/無料補償

国別にみる海外出張の持ち物リスト【アジア・ヨーロッパ・オセアニア・アメリカ】

作成日 2021.06.03

海外出張の持ち物リスト

海外への出張の場合は、国内出張よりも必要な持ち物は多く、注意すべきことも多くなります。
パスポートやビザなど基本的な持ち物はもちろん、インフラ設備や文化の違いにより必要なものは多くなります。行き先によって気候や治安も異なり服装や気を付けることも変わります。

本記事では海外出張の基本の持ち物と、国ごとの持ち物や注意点をまとめました。渡航先の国の特徴についてチェックし、快適な出張にしましょう。

外国紙幣や硬貨や航空チケットなどが机の上に置かれた様子

1.国内出張との違いは?海外出張で必要な基本の持ち物リストと注意点

海外出張の場合は、国内出張に比べて持ち物が格段に増えます。出入国に必要なものから、スマホやノートパソコンをなど電子機器周りのもの、現地で手に入りにくい日用品など・・・

絶対に必要な持ち物から、あると便利なものまでリストにまとめました。

※国内出張の持ち物についてはこちらで詳しく説明しています。

国内出張の持ち物リスト5パターン【性別・期間・移動・宿泊・季節】

出張の荷造り、何を持っていくか迷っていませんか?本記事では出張に必要な持ち物を、男女別・期間別・季節別など5つのパターンに分けてリスト化しました。あると便利なものやホテルにある備品、持ち物にまつわる注意点などもご紹介します。

貴重品のリスト

外国紙幣、硬貨やパスポート
パスポート
有効期限の確認を
ビザ
短期の場合は観光用で代用可能。長期は商用が必要
航空券(eチケット)
紙に印刷して持っておくこと
海外旅行傷害保険証券
病院にかかると初診料で数万、入院で数百万円の請求がある国も
現金
チップや券売機用に。必要額を算出して最低限だけ
クレジットカード
世界シェア率が高いVISAかMASTERカードが安心
財布
2つ以上に分けると安心
腕時計
スリの多い国では高価なものは身に着けないようにする

パスポート:
海外での身分証明書となるパスポート。有効期限が5年(紺色の表紙)と10年(赤色の表紙)の2つがあります。残存有効期間が6か月を切ると出入国できなくなる国があるため、取得から期間が空いている場合は発行日を確認しておきましょう。


ビザ:
渡航先への入国許可証となるビザ。日本国籍のパスポートを持っていれば、短期滞在に限りビザなしでも渡航可能な国は190ヵ国以上にのぼります。ロシア、サウジアラビア、インド、タイ、オーストラリアなどは短期滞在でもビザが必要です。

航空券(eチケット):
現在は航空券といえば電子航空券のeチケットです。パソコンやスマートフォンで購入が可能です。スマートフォンで手続きした場合、国内線では画面を見せれば搭乗できますが、国際線では飛行機には乗れても出入国審査で引っかかることがあるため、必ず印刷しておきましょう。


海外旅行傷害保険証券:
保険証券を持っていなくても、連絡先と証券番号を控えておけば補償を受けることができます。
必要な情報を控えた紙を携帯するか、不安な場合は証券ごと持っていくと無難です。

財布:
海外旅行では盗難の危険性もあり、財布は分散して持つのがいいとされています。多すぎても管理が大変なので、2~3つに分けるのがベストです。

  • メインの財布(クレジットカード・高額紙幣)
  • サブの財布(小銭・少額紙幣)

3つ持っていく場合は上記に加えて

  • 保管用の財布(予備のクレジットカード・紙幣)

をホテルの金庫やスーツケースの中に緊急用として置いておきましょう。

パスポートを紛失してしまったら!必要になるもの
日本国の赤と紺色の2色のパスポート

万が一、海外でパスポートの紛失や盗難被害に遭った場合は、パスポートの再発行または帰国のための渡航書を申請することになります。

しかしパスポート再発行には10日前後かかるため、当日~2日前後で発行可能な渡航書を申請する場合がほとんどでしょう。

渡航書発行に必要なもの
渡航書発給申請書
戸籍謄本(抄本)、または日本国籍があることを確認できる書類
(運転免許証、マイナンバーカード、保険証、学生証など)
証明写真
帰国日程等が確認できる書類(航空券など)

パスポート用サイズの証明写真身分証を携帯しておくと、紛失した場合もスムーズに手続きできます。

電子機器のリスト

飛行機機内の席の様子。テーブルを出しパソコンと飲み物が置かれている


変圧器 日本と電圧が異なる場合
変換プラグ コンセント差込口のかたちが異なる場合
ノートパソコン/タブレット +充電器(eチケット) ACアダプタに「100~240V」と記載があれば海外でも使える
スマートフォン/携帯電話 +充電器 海外で使用できるよう準備が必要
海外用モバイルWi-Fiルーター モバイル端末の利用におすすめ
電源タップ(延長コード) 差込口が少なかったり、使いにくい場所に設置されていることもある
モバイルバッテリー 移動時間が長いときに便利
海外対応ドライヤー 国内に比べホテルに備え付けられていない・出力が弱いという場合も多い
電子辞書/翻訳機 スマホアプリよりも精度が高く、言語数も多い

変圧器:
日本の電圧は100V、海外の電圧は110V~240Vと地域によって異なります。
そのため日本仕様の電化製品を海外で使用すると、電圧の違いにより使用できない上に、故障や発火など事故の原因となります。
変圧器を使用するか、全世界対応の電化製品を持っていきましょう。

変換プラグ:
電源プラグの差込口のかたちは国ごとに異なり、日本はAタイプとよばれるかたちです。日本仕様の電化製品を使用する場合は、現地のタイプに対応したプラグの形状に変える変換プラグが必要となります。

海外用モバイルWi-Fiルーター:
日本で使用しているスマートフォンなどのモバイル端末が、海外のどこにいるときでもインターネットに接続できるようになります。フリーWi-Fiスポットを探す手間もありません。海外でのスマートフォンの使用については以下のとおりです。

海外でスマートフォンを使うには?
地球儀、携帯、南京錠、スーツケースを段々サイズが小さくなっていく。

海外用モバイルWi-Fiルーター:
現地の通信会社と直接契約した回線を利用し、スマホを利用できます。
安価で手軽にレンタルすることができ、自宅や空港カウンターなどで受け取れます。複数の端末の同時接続にも便利です。受取と返却手続きが必要です。

国際ローミング:
日本の携帯キャリア経由で、現地の提携通信会社に接続できます。プラン契約さえしていれば、現在使用しているスマホを海外で使うことができお手軽ですが、料金は割高になります。

グローバルプリペイドSIMカード:
普段使っているスマートフォンにプリペイドSIMを挿入し、設定を行うことで利用できるようになります(SIMフリー端末のみ)。現地や日本国内でも購入できます。
ただし、容量の上限と使用できる期間が決められており、設定された容量を使い切ると速度制限がかかってしまいます。使い切った場合、データ追加の手続きやプリペイドカードの買い替えが必要になります。

ビジネス用品のリスト

腕時計とペン
名刺 日本ほど名刺を重要視しない国もあり、交換しない場合もある
筆記用具 入国審査カードなどの記入が必要なため手荷物に入れると便利
仕事用書類など 書類ケースがあると便利。Yシャツを入れると型崩れ防止にも
スーツ荷物の量や現地でのスケジュールによって、着ていくか持っていくか判断する
ベルト
Yシャツ
手土産 円滑なコミュニケーションに役立つ

日用品のリスト

スーツケースに荷物と猫が入っている荷造りの様子
眼鏡・コンタクトレンズ用品 眼鏡ケース・コンタクトレンズ洗浄液も忘れずに
常備薬 慣れない環境や食べ物で体調の変化が起こりやすいため
普段持ち歩かない薬もあると安心
着替え・下着・靴下(宿泊日数分) 数は洗濯の有無にもよる
ハンカチ 日数分あるとよい
スキンケア用品 化粧水など100ml以上の場合は預け荷物の中に入れる
リップクリーム 夏でも日本のように湿度が高くない地域は乾燥している
ティッシュ・ウェットティッシュ 日本のようにレストランで紙ナプキンなど置いていない国は多い
トイレットペーパーがない場合もある
整髪料 整髪スプレーも規定量以内なら機内持ち込みや預け入れも可
洗面用具・バス用品 宿泊施設に備品としてないことも多いので持っていくと安心
ミネラルウォーター 100ml以上の液体は機内持ち込み不可。必ず預け荷物に入れる

あると便利なものリスト

4枚の異なる写真を1つにまとめている。衣類にファブリーズをかけている。衣服が干している様子。並べられたスリッパ。花柄の折り畳み傘をひらいている様子。
洗濯バサミ・洗濯ロープ・洗濯ピンチ ホテルのクリーニングサービスは割高のところが多い
折りたたみハンガー スーツを掛けられる幅広のものがおすすめ
ファブリーズ スーツなどを着回す際に便利
海外では日本のように至る所で売っていない
プッシュ式虫除けスプレー 暖かい国では日本より虫が多い
フード付きの撥水アウター 突発的な雨の多い地域では、傘をさす習慣がない場合も
エコバッグ レジ袋を禁止していて買えない国も多い
爪切り 忘れがちですがあると便利
折り畳み傘・レインコート 雨の多い地域や季節に
スコールは激しいため傘が役に立たない場合も。
屋根の屋根のあるところでやむのを待つのがベター
普段着 オフの時間に外出する際に
部屋着(パジャマ) 備品としてない宿泊施設も多い
スリッパ 備品としてない宿泊施設も多い
衣類圧縮袋 洗濯物のかさを減らす
ビニール袋 街中にゴミ箱がない国も多い

男性/女性ならではの持ち物や、気候に応じた持ち物については、以下を参考にしてみてください。

2.国ごとに解説!海外出張に必要な持ち物や注意点

一口に海外出張といっても、渡航先によって気候や文化、インフラ整備状況も様々です。

ここでは出張先として多い国30ヵ国をピックアップし、各国の基本情報とあると便利な持ち物をまとめました。

①東アジアへの出張

②東南アジアへの出張

③南アジアへの出張

④中東への出張

⑤ヨーロッパへの出張

⑥北欧への出張

⑦北米への出張

⑧オセアニアへの出張

⑨南米への出張

①東アジアへの出張

韓国出張の基本情報と持ち物

韓国の街中の様子。ビルや国旗
基本情報
気候 四季があり、日本の気候に近い
主要決済方法 クレジットカード
コンセント形状 SE、Cタイプが主流なので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸すれば可
あると便利な持ち物
エコバッグ 脱プラスチック化が進んでおりプラスチック製の使い捨て
商品の提供がないため、持参が必要
歯ブラシ 上記理由によりホテルの備品としてはない

気候:
四季や梅雨の時期があり、日本の気候に近いです。寒暖差が激しく冬は日本より寒いため、防寒具はしっかり準備しましょう。首都ソウルの夏は比較的カラッとしており、冬は氷点下10度以下になることもあります。
黄砂の影響が大きく、3月~5月のピーク時期は屋外活動を控えるよう警報が発令されることもあります。

決済手段:
世界一とも言われるほど高いキャッシュレス比率となっています。最も使用されているのはクレジットカードです。VISA、MasterCard、JCB、amexであれば基本的に使用できます。
チップ文化はなく基本的に不要であるため、現金はほとんど準備しなくても大丈夫です。

水道水:
そのまま飲むことを推奨していない場所もあるため、飲用は避けるのが無難です。煮沸すれば大丈夫ですが、硬水の地域が多いため、慣れない場合は軟水を購入しましょう。

中国出張の基本情報と持ち物

中国の建物
基本情報
気候 国土が広く寒帯から熱帯まである
主要決済方法 モバイル決済
コンセント形状 AタイプとOタイプの両方がついている場合が多い
日本の電化製品を使用する場合は変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 飲用はできない
あると便利な持ち物
多めのマスク 感染症対策以外でも、PM2.5や黄砂による影響が大きい
ティッシュ(トイレットペーパー) トイレットペーパーが備えつけられていない場合がある

気候:
国土が広く、地域によって気候に特色があります。首都北京では夏は蒸し暑く40度近くになり、冬は氷点下10度の極寒になります。上海は日本の東京の気温に近いですが、湿度が高いため夏は暑く冬は寒く感じます。
深圳(シンセン)は香港に近く、一年のうち7ヵ月が夏という気候です。冬でも10度を下回らないことが多いですが、体感温度が低いため防寒具は準備しましょう。

決済手段:
偽札が出回っていることもあり、キャッシュレス決済の普及率が高いです。現金は敬遠される場合もあるため注意。しかしながらVISAやMasterCardといったクレジットカードも、日本人観光客の多い百貨店やレストランでしか使用できないことが多いです。

キャッシュレス決済アプリの二大巨頭「アリペイ(支付宝)」と「ウィーチャットペイ(微信支付)」では、中国国内の銀行口座を持っていなくても、クレジットカード情報とパスポート情報を登録すれば使うことが可能になります。
チップは基本的には不要です。ホテルのポーターなどには渡す場合があります。

水道水:
水質汚染があり、水道水は飲用できません。口に入れるものには購入したミネラルウォーターを使用することをおすすめします。

香港出張の基本情報と持ち物

香港の華やかな夜景
基本情報
気候 亜熱帯でゆるやかな四季がある
主要決済方法 クレジットカード・交通系電子決済カード
コンセント形状 BFタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸すれば可
あると便利な持ち物
折り畳み傘 一年中天気が変わりやすく雨が降りやすいため
羽織りもの 暖房設備が普及していないため

気候:
日本に比べて暖かい季節が長く、一年を通して湿度が高いのが特徴。ゆるやかに四季があり、冬季は10度以下になることもあります。暖房設備が普及していないため、防寒用の服装は持っていきましょう。

決済手段:
クレジットカードが普及しており、VISAかMasterCardであれば基本的に使用できます。JCBの加盟店も多くあります。
一方でコンビニや売店での普及率はそれほど高くありません。クレジットカードが使えない店舗では、オクトパスカードと呼ばれる日本のsuicaのような交通系電子決済カードが多く使用されています。地下鉄のカスタマーサービスセンターの窓口で購入できます。タクシーやミニバスのみ使えないので注意。
チップ文化はあるものの、おつりの端数をチップ代わりに渡す程度でOKです。

水道水:基準値はクリアしていますが水道管が古く、一般的な家庭やレストランでは、水道水は沸かしてから使用しています。飲料水は基本的に購入するものと考えられています。

台湾出張の基本情報と持ち物

夜の台湾の様子。
街中にある伝統的な建物がライトアップされている
基本情報
気候 一年を通して温暖
主要決済方法 現金・クレジットカード・モバイル決済
コンセント形状 日本と同じAタイプが主流
電圧 110Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸すれば可
あると便利な持ち物
羽織りもの 暖房設備が普及していないため
ゴミ袋 外にゴミ箱が少ない

決済方法:
周辺国に比べると、キャッシュレス決済の普及率はやや低めです。しかしクレジットカードはもちろん、ApplePayやLINEPayをはじめとする決済アプリに対応している店舗も増えてきています。
夜市の露店や小さな飲食店では現金払いが基本ですので、クレジットカードとやや多めの現金を持っていくことをおすすめします。
チップ文化は日本と同じくありません。

気候:
一年を通して暖かく、長い夏と短い冬があります。南部は冬でも10度を下回ることは少なく、北部の首都台北などでは冬の気温は一桁になる上に、気温のわりに寒く感じます。

水道水:
安全だとしていますが、水道管の老朽化が進んでいるため飲用には適していません。煮沸するか、購入するほうが安心です。

②東南アジアへの出張

インドネシア出張の基本情報と持ち物

高台からのアングルのインドネシアの街
基本情報
気候 乾季と雨季に分かれる
主要決済方法 現金
コンセント形状 Cタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸しても飲用不可
あると便利な持ち物
虫除けスプレー 日本に比べて格段に蚊が多い
多めのマスク 感染症対策だけでなく大気汚染の懸念がある

気候:
乾季(5月~10月)と雨季(11月~4月)に分かれ、年間平均気温は27度、一年を通して気温差が少ないのが特徴です。雨季は毎日雨が降りますが、突然大雨が降り出し、すぐにやむスコールです。
ゲリラ豪雨のように降ることもあり、傘を持っていても役に立たない場合があります。

決済方法:
都市部では近年電子決済化が進みつつも、キャッシュレス決済の普及率はまだまだ低く、現金が主です。観光地やジャカルタなどの都市部では、VISAやMasterCardのクレジットカードが使用できます。
チップは基本的には不要ですが、タクシー運転手や駐車場の警備員、空港やホテルのポーターにはチップを渡す慣習があります。

水道水:
上水道整備の遅れや水道の老朽化により、水道水には細菌や不純物が混じっています。
煮沸しても飲用はできないので、ミネラルウォーターを購入しましょう。

ラオス出張の基本情報と持ち物

ラオスの黄金の建物
基本情報
気候 暑季・雨季・乾季に分かれる
主要決済方法 現金
コンセント形状 Cタイプが主流なので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸しても飲用不可
あると便利な持ち物
折り畳み傘スコールが降りやすいため
撥水の羽織りもの

気候:
暑季・雨季・乾季があります。一年を通して暖かいですが、暑季は40度近く、雨季はスコールが降ります。乾季の朝晩は15度前後まで下がるので上着は必要です。

決済方法:
タクシーや屋台では現金のみになりますが、観光地のホテルやレストランではVISA・MadterCardなどのクレジットカードが使用できます。現金と併用して持っていきましょう。
一般的にチップの慣習はないですが、一部ホテルなどでは渡す場合もあります。

水道水:
煮沸しても水道水は飲めません。ミネラルウォーターを購入しましょう。

フィリピン出張の基本情報と持ち物

フィリピンの住宅街の間を流れるくすんだ緑色の川
基本情報
気候 一年を通して温暖
主要決済方法 現金
コンセント形状 A、B3、Cタイプ
日本の電化製品を使用する場合はAタイプ以外は
変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸しても飲用は推奨されない
あると便利な持ち物
ティッシュ(トイレットペーパー) トイレットペーパーが備えつけられていない場合がある
腕時計 盗難の危険性があるため、スマホで頻繁に
時間確認することは避ける

気候:
雨季(6月~11月)、乾季(12月~2月)、暑季(3月~5月)があります。年間平均気温は26~27℃と気温差が少ないのが特徴です。一年を通して暖かいため夏服で過ごせますが、薄手の上着は必要です。首都マニラでも下水道が整備が間に合っていないため、短時間で激しい雨が降るスコールのあとは洪水への注意が必要です。

決済方法:
長年現金での支払いが好まれてきましたが、新型コロナウィルスの流行によりモバイル決済サービスが浸透しつつあります。
利用率は低いものの、ホテルやレストランではクレジットカード決済設備が整っており、VISAやMasterCardが利用できます。一方で地元の人々が利用するコンビニや屋台では現金払いが主流なのです。
チップの慣習はあるものの、それほど根付いてはいません。チップ用の現金を別途用意する必要はありませんが、払う場合は一律50~100円前後と考えておくといいでしょう。

水道水:
煮沸しても水道水は飲めません。ミネラルウォーターを購入しましょう。

タイ出張の持ち物と注意点

タイの建造物
基本情報
気候 一年を通して蒸し暑い
主要決済方法 現金、モバイル決済
コンセント形状 A、BF、Cタイプ
日本の電化製品を使用する場合はAタイプ以外は
変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸すれば可とされるが推奨されない
あると便利な持ち物
腕時計 盗難の危険性があるため、スマホで頻繁に
時間確認することは避ける

気候:
乾季(11月~3月)、暑季(4月~5月)、雨季(6月~10月)に分かれ、一年を通して蒸し暑いのが特徴です。首都バンコクは特に暑く、暑季は40℃近くまで気温が上がります。雨季はスコールが降ります。

決済方法:
近年QRコード決済が政府により推進されていますが、クレジットカードの保有率は低いです。現金主義が根強く残っているため、出張の場合は現地通貨をメインに用意しましょう。

水道水:
煮沸すれば飲めるとされていますが、泥・錆の臭いがあることも。飲み水は購入するのが無難です。

ベトナム出張の持ち物と注意点

ベトナムの橋
基本情報
気候 北部は四季がある
南部は乾季と雨季に分かれ一年を通して熱帯
主要決済方法 現金、モバイル決済
コンセント形状 Cタイプが主流なので日本の電化製品を使用する場合は
Aタイプ以外は変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸しても飲用は推奨されない
あると便利な持ち物
ティッシュ・ウェットティッシュ レストランなどのものは原則有料
腕時計 盗難の危険性があるため、スマホで頻繁に
時間確認することは避ける

気候:
国土が細長く、南北で気候が異なります。北部では四季らしきものがあります。北部に位置するハノイでは、12月~2月は最低気温は一桁まで下がることもあります。5月~10月は湿度が高く暑く、特に7月~8月は30℃超えの日が続きます。中部ダナンでは高温多湿で雨が多く降ります。

決済方法:
若年層を中心にモバイル決済が普及しており、クレジットカードの普及率は低いです。出張の場合は現地通貨をメインに用意しましょう。

水道水:
不純物が多く、煮沸しても飲用には適しません。飲み水は購入しましょう。

③南アジアへの出張

インド出張の基本情報と持ち物

インドの黄色っぽいモスク
基本情報
気候 暑季、雨季、乾季に分かれる。昼夜の気温差が激しい
主要決済方法 現金、モバイル決済
コンセント形状 B3、BF、B、Cタイプ
日本の電化製品を使用する場合はAタイプ以外は
変換プラグが必要
電圧 240Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸しても飲用不可
あると便利な持ち物
ティッシュ(トイレットペーパー) 水洗トイレが主流になってきているが
トイレットペーパーが設置されていないところがある
大判のストール 女性は肌や頭を覆う必要がある場所に入るときに便利
日除けや羽織りもの代わりにも

気候:
国土が広いため、地域によって差があります。首都デリーなどの北部よりの地域では、乾季は日中と夜間の気温差が激しく、暑季は40℃を超す日もあります。調節しやすい服装を準備しましょう。

決済方法:
近年急速にキャッシュレス化が進んでおり、モバイル決済アプリが浸透しています。クレジットカードは観光客の多い首都圏のお店では使用できますが、使えないお店もまだまだ多いです。出張の場合は現地通貨をメインに用意しましょう。
チップの習慣はないですが、観光客の多いホテルなどでは枕銭を置くことがあります。

水道水:
煮沸しても飲用できません。飲料水を購入しましょう。

バングラデシュ出張の基本情報と持ち物

バングラデッシュの街並みと川を行きかう複数の大小の船
基本情報
気候 暑熱帯で高温多湿、夏季、雨季、乾季に分かれる
主要決済方法 現金
コンセント形状 数種類のタイプが混在しているため変換プラグがあると便利
電圧 220V~230Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸しても飲用不可
あると便利な持ち物
露出の少ない衣服、肌を隠す羽織りもの 女性の肌の露出に敏感なため

気候:
熱帯に属し、夏季(3月~5月)、雨季(5月~10月)、乾季(10月~3月)があります。

決済方法:
モバイル決済アプリがありますが、まだ限定的です。クレジットカードは観光客の多い首都圏のお店では使用できますが、使えないところも多いです。出張の場合は現地通貨をメインに用意しましょう。
チップの習慣はないですが、外国人客はホテルやレストランで払ってくれると考えられている場合も。渡す場合は多少の心付け程度で問題ありません。

水道水:
煮沸しても飲用できません。飲料水を購入しましょう。

④中東への出張

サウジアラビア出張の基本情報と持ち物

サウジアラビアの建物と船
基本情報
気候 酷暑と乾燥が特徴
主要決済方法 現金
コンセント形状 A、B、BF、Cタイプなどが混在しているため
変換プラグがあると便利
電圧 127Vと220Vが混在しているところがあるため変圧器があると便利
水道水 飲用は推奨されない
あると便利な持ち物
露出の少ない衣服、肌を隠す羽織りもの 女性の肌の露出に敏感なため
帽子、サングラス 日差しが強いため

気候:
内陸部は乾燥した砂漠気候、沿岸部は高温多湿です。
外国人女性の服装規定は廃止され、肩と膝を隠した慎ましい服装でよいと改められました。

決済方法:
キャッシュレス化が進められていますが、現金比率が高いです。
チップの習慣は特にありません。

水道水:
比較的安全とされていますが高温による細菌増殖の危険性があり、一般的にはミネラルウォーターが飲まれています。

⑤ヨーロッパへの出張

フランス(パリ)、オランダ、オーストリア、ハンガリー、イギリス(ロンドン)、ポーランド、スペイン(バルセロナ)など

フランス出張の基本情報と持ち物

パリの凱旋門
基本情報
気候 日本と同じように四季がある
主要決済方法 クレジットカード決済、モバイル決済
コンセント形状 C、SEタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
Aタイプ以外は変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 安全で飲用可能な硬水
あると便利な持ち物
折り畳み傘、撥水の羽織りもの 10月頃は雨が多い

気候:
日本と似たような四季があります。パリは東京より平均で5度ほど気温が低いですが、南部は温暖です。

決済方法:
キャッシュレス化が進んでおり、ほとんどの場所でクレジットカードが使用できます。
レストランやホテルの料金にはサービス料が含まれており、チップ用の現金の用意も特に必要ではありません。

水道水:
硬水ですが安全でそのまま飲んでも大丈夫です。硬水に慣れない場合は軟水を購入しましょう。

オランダ出張の基本情報と持ち物

オランダのチューリップ畑と水車
基本情報
気候 四季があり、一年と通して比較的穏やか
主要決済方法 モバイル決済、クレジットカード
コンセント形状 C、SEタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
Aタイプ以外は変換プラグが必要
電圧 230Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 安全で飲用可能な硬水
あると便利な持ち物
折り畳み傘、撥水の羽織りもの 天気が変わりやすいため

気候:
北海道より北に位置しますが、海洋性気候のため比較的暖かいのが特徴です。
日本のように四季があり、夏は涼しく過ごしやすいです。冬は積雪が少ないものの、10月~4月頃までは日本の冬のような寒さになります。

決済方法:
iDEALとういう銀行と直接つながるキャッシュレス決済が主流。クレジットカードはMasterCardかVISAであれば基本的に使用できます。
チップの習慣は基本的にないですが、特別なサービスを受けた場合は支払うこともあります。

水道水:
硬水ですが安全で、そのまま飲んでも大丈夫です。硬水に慣れない場合は軟水を購入しましょう。

オーストリア出張の基本情報と持ち物

オーストリアの美しい建物の街並みと並ぶ複数台の馬車
基本情報
気候 夏は涼しく冬は寒さが厳しい。冬季は防寒具が必須
主要決済方法 クレジットカード、現金
コンセント形状 C、SEタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
Aタイプ以外は変換プラグが必要
電圧 230Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 安全・良質なアルプスの湧き水で飲用可能な硬水
あると便利な持ち物
フード付きのコート、防水・防滑の靴 冬は雪対策としてフード付きのコートや防水・防滑の靴が便利

気候:
大陸性気候で湿度が低く、夏は涼しく冬は寒さが厳しいのが特徴です。夏でも朝晩は冷え込むことがあります。冬は首都ウィーンのような平地でも雪が積もります。

決済方法:
クレジットカードはVISAとMasterCardが強く、観光地であればJCBも利用できるところが多いです。
チップの習慣があるため、チップ用の現金も用意しておくと便利です。

水道水:
オーストリアの水はアルプスの湧き水であり、安全かつ良質な硬水です。硬水に慣れない場合は軟水を購入しましょう。

ハンガリー出張の基本情報と持ち物

ハンガリーの建造物
基本情報
気候 夏は涼しく冬は寒さが厳しい
主要決済方法 モバイル決済、クレジットカード
コンセント形状 Cタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
Aタイプ以外は変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 飲用可能な硬水
あると便利な持ち物
羽織りもの 朝晩の気温差が激しいため

気候:
大陸性気候で日本と同じく四季があり、冬の寒さが厳しいのが特徴です。降水量が少なく湿度が低いため、夏でも過ごしやすいですが、朝晩は冷え込むことがあります。

決済方法:
クレジットカードはVISAやMasterCardに加え、JCBでもほとんどの場所で使用可能です。電車やバスに乗る場合は、現金に対応していない券売機もあるため注意しましょう。
チップの習慣があり、レストランやカフェ、タクシーで10%程度払うのが一般的です。

水道水:
硬水ですが安全で、そのまま飲んでも大丈夫です。硬水に慣れない場合は軟水を購入しましょう。

イギリス出張の基本情報と持ち物

ロンドンのビックベン(時計台)
基本情報
気候 温帯で雨が多く、一日のうちに天気が変わりやすい
主要決済方法 デビットカード、クレジットカード
コンセント形状 BFタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
Aタイプ以外は変換プラグが必要
電圧 240Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 飲用可能な硬水
あると便利な持ち物
フード付きの撥水パーカー 急な降雨と気温の変化があるため。夏でもあると良い

気候:
一日の間に天気や気温が変わりやすいのが特徴です。晴れていたのに急に雨が降ってきたり、日中は暖かいのに夜は冷え込むこともあります。ロンドンは北海道より高緯度に位置していますが、冬に雪が降ることは滅多にありません。

決済方法:
クレジットカードよりもデビットカードが広く普及していますが、VISAやMasterCardであれば使用に困ることはないでしょう。
頻繁ではないですがタクシー、レストラン、ホテルなど、チップを支払う場面もあります。いくらか現金があれば便利です。

水道水:
硬水ですが安全で、そのまま飲んでも大丈夫です。硬水に慣れない場合は軟水を購入しましょう。

ポーランド出張の基本情報と持ち物

ポーランドの街並みと人々
基本情報
気候 はっきりとした四季がある
西部は比較的温暖、東部は夏でも涼しい
主要決済方法 クレジットカード、モバイル決済
コンセント形状 Cタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 最近は安全で飲用可能と言われている。硬水
あると便利な持ち物
フード付きの撥水パーカー 雨の日が多いため


気候:
はっきりとした四季があるのが特徴。高緯度のわりには温暖ですが、一年を通して日本より気温が低めです。首都ワルシャワでも10月から雪が降り、冬はしっかりした防寒対策が必要です。

決済方法:
クレジットカードはVISAとMasterCardであれば、小規模のお店でも利用できます。義務的なものではありませんがチップ文化があり、チップ用の現金があると便利です。

水道水:
近年では安全性が向上し飲用可能であると言われています。しかし長らく安全に飲めない時代が続いたため、沸騰させてから飲むか、購入することが一般的となっています。

スペイン出張の基本情報と持ち物

建設中のスペインのサグラダファミリア
基本情報
気候 北部は雨が多く暖か、中央部は気温差が激しく
東部~南部は乾燥した温暖気候
主要決済方法 クレジットカード
コンセント形状 Cタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 飲用可能な硬水
あると便利な持ち物
ファスナー開閉式の斜め掛けカバン 観光地はスリが多いため

気候:
海流の影響で地方によって気候が異なります。バルセロナなどの北部は雨が多く温暖な海洋性気候です。首都マドリードのある中央部では、夏は暑く冬は寒く、さらに昼夜の気温差も激しいです。アンダルシア地方などの南部は一年を通して温暖で乾燥しています。

決済方法:
一部の小売店やタクシー以外では、クレジットカードが利用できます。
チップ文化はさほどなく、チップ用の現金は用意しなくても大丈夫です。良いサービスを受けたときは渡すこともあります。

水道水:
硬水ですが安全で、そのまま飲んでも大丈夫です。硬水に慣れない場合は軟水を購入しましょう。

ロシア出張の基本情報と持ち物

雪の舞うロシアの赤の広場
基本情報
気候 寒冷気候で長く極寒の冬がある
主要決済方法 デビットカード、クレジットカード、現金
コンセント形状 Cタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 飲用不可
あると便利な持ち物
ダウンコート・マフラー・手袋・帽子
防水・防滑の靴
冬季は氷点下10℃を下回る日が続くためしっかりした
防寒対策が必要

気候:
広い国土のほとんどが寒冷気候で、短い夏と極寒の長い冬があります。夏と冬の気温差が大きいのが特徴です。モスクワでも冬は氷点下10℃程度まで下がります。

決済方法:
デビットカードが主流でクレジットカードの利用率は低いですが、レストランやホテルなどでは問題なく使用できます。しかし個人商店をはじめ、カードが使えないお店も少ないないため、多少の現金は持っていきましょう。
チップの習慣はありますが絶対ではありません。観光地の飲食店に限り、期待されることがあります。

水道水:
地域によっては質が悪い場合もあり、飲用は推奨されていません。飲み水は購入しましょう。

⑥北欧への出張

スイス出張の基本情報と持ち物

スイスの家と山々
基本情報
気候 日本の高原のような気候。一日の気温差が激しい
主要決済方法 現金、デビットカード、クレジットカード
コンセント形状 C、Jタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 220~230Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 安全・良質なアルプスの天然水で飲用可能な硬水
あると便利な持ち物
ウィンドブレーカー 気温が変わりやすいため、着脱が簡単で温度調整しやすい
服装が便利
ダウンコート・マフラー・手袋・帽子 冬季はしっかりした防寒対策が必要

気候:
地形の起伏が激しく、地域や標高により気候が異なります。基本的には日本の北海道や高原のような気候です。一日のうちの気温差が激しく、天気によって気温が大きく左右されます。

決済方法:
日本と同じくあまりキャッシュレス化が進んでおらず、現金の使用率が高くなっています。しかしクレジットカードの普及率が低いのに対し、カードで支払える場所は非常に多いです。VISAやMasterCardであればほとんどの場合使用できます。
チップは基本的に必要ありませんが、外食のときに小銭を受け取らない人が多いようです。

水道水:
アルプスの天然水を使用しており、安全かつ良質な硬水です。硬水に慣れない場合は軟水を購入しましょう。

スウェーデン出張の基本情報と持ち物

スウェーデンの美しい街並みと橋
基本情報
気候 四季がはっきりしており、長い冬の寒さは厳しい
主要決済方法 クレジットカード、デビットカード
コンセント形状 C、Bタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 230Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 安全で水質の良い飲用可能な硬水
あると便利な持ち物
ダウンコート・マフラー・手袋・帽子
防水・防滑の靴
冬季はしっかりした防寒対策が必要
平地でも雪が降り路面が凍結する

気候:
短い春秋・過ごしやすい夏・長い冬というはっきりした四季を持ちます。高緯度のわりには温暖ですが、冬は厳しい寒さになるため防寒対策が必要です。

決済方法:
キャッシュレス先進国といわれるほど、現金の使用率が少ない国です。「現金お断り」と掲げた店も少なくないため、クレジットカードが必須です。
チップの習慣もほとんどありません。

水道水:
硬水ですが水質が良く、そのまま飲んでも大丈夫です。硬水に慣れない場合は軟水を購入しましょう。

フィンランド出張の基本情報と持ち物

フィンランドの森の中にある小さい塔
基本情報
気候 四季がはっきりしており、長い冬の寒さは厳しい
主要決済方法 デビットカード、クレジットカード
コンセント形状 Cタイプなので日本の電化製品を使用する場合は
変換プラグが必要
電圧 220~230Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 安全で水質が良く、飲用可能な軟水
あると便利な持ち物
ダウンコート・マフラー・手袋・帽子
防水・防滑の靴
冬季はしっかりした防寒対策が必要
平地でも雪が降り路面が凍結する

気候:
スウェーデンなどと同じく、短い春秋・過ごしやすい夏・長い冬というはっきりした四季を持ちます。高緯度のわりには温暖ですが、冬は厳しい寒さになるため防寒対策が必要です。

決済方法:
キャッシュレス化が進んでおり、現地の人々は現金をあまり持ち歩きません。基本的にどこででもクレジットカードが使用できます。
チップ文化は浸透していませんが、まれに支払う場合は現金で渡すことがあります。

水道水:
ミネラルウォーターのように水質がよく美味しいといわれています。日本と同じく軟水であるため、日本人にも飲みやすい味です。

⑦北米への出張

カナダ出張の基本情報と持ち物

カナダの港の風景。複数の船が停泊
基本情報
気候 西部は比較的温暖、東部は夏と冬の気温差が激しい
高山帯は厳寒、平原地帯は寒暖差が大きい
主要決済方法 クレジットカード
コンセント形状 日本と同じAタイプ
電圧 110~120Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 安全で高水準、飲用可能
あると便利な持ち物
ダウンコート・マフラー・手袋・帽子 バンクーバーは東京と同じくらいの気候
それ以外の地域はしっかりした防寒対策が必要

気候:
国土が広大なため気候も地域によって様々です。
バンクーバーを中心とする西部の太平洋沿岸は雨が多く、モントリオールやトロントのある東部は、夏は暑く冬は寒さが厳しいのが特徴です。カナディアン・ロッキーのような高山帯は長い厳寒の冬があり、平原地帯では寒暖差が激しくなります。

決済方法:
キャッシュレス普及率が非常に高く、クレジットカード社会です。タクシーやコンビニ、公共交通機関でもクレジットカードが使えます。

水道水:
水が豊かな国で、水道水は高水準の安全性を誇ります。おおむね硬水ですが地域によって硬度に差があり、一部地域では軟水です。

メキシコ出張の基本情報と持ち物

メキシコの乾いた大地と複数の高さのあるサボテン
基本情報
気候 雨季と乾季に分かれる
主要決済方法 現金、クレジットカード
コンセント形状 日本と同じAタイプか、アース用の丸ピンがついたBタイプ
どちらもAタイプのプラグを差し込める
電圧 110~120Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 飲用不可
あると便利な持ち物
虫除けスプレー 暖かいので蚊が多い

気候:
雨季と乾季に分かれますが、太平洋側・高地・カリブ海側と、地域によって気候が変わります。
太平洋側は温帯、北部~首都メキシコシティにかけては乾燥帯です。内陸部~カリブ海側は一年中高温で、冬でも夏服が必要ですが朝晩は気温が下がります。

決済方法:
キャッシュレス比率は高くありませんが、VISAやMasterCardのクレジットカードは基本的に利用できます。露店やバス・タクシーでは現金払いとなります。
チップの習慣が根付いており、レストラン、ホテル、スーパーマーケット、ガソリンスタンドなど、あらゆる場面で支払います。チップ用の現金の用意が必要です。

水道水:
一部地域では飲めるところもありますが、基本的に飲用できません。ミネラルウォーターを買いましょう。

アメリカ出張の基本情報と持ち物

船から眺めた自由の女神増と奥に広がるニューヨークの建物
基本情報
気候 国土が広大でほとんどすべての気候帯が存在する
大半の地域は比較的温暖、四季があるところも多い
主要決済方法 クレジットカード、デビットカード
コンセント形状 日本と同じAタイプか、アース用の丸ピンがついたBタイプ
どちらもAタイプのプラグを差し込める
電圧 120Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 飲用可能だが飲む習慣はない
あると便利な持ち物
洗濯用品・部屋干し用グッズ ホテルのランドリーサービスは割高なことが多い

気候:
国土が広く、気候区分も様々です。基本的に日本と同じように四季がありますが、季節ごとの特徴は地域によって異なります。
ロサンゼルスやサンフランシスコなどの西海岸は、雨が降らず温暖な気候です。ラスベガスなどの西側内陸部では夏は40℃を超え、冬は氷点下まで冷え込むこともあります。東部はのニューヨークでは、夏は30℃以上になりますがカラっとした暑さです。冬は長く、雪も降ります。南東部のフロリダ州などでは、一年を通して温暖ですが冬の朝晩は冷え込みます。

決済方法:
キャッシュレス決済の普及率が高く、特にクレジットカードの発祥地であるため、ほとんどどこででもカード払いが可能です。
チップもクレジットカードで支払うことができますが、タクシーやホテルでは現金で渡す場合が多いので、チップ用の現金があると便利です。

水道水:
水質基準が厳しく消毒の過程で様々な殺菌剤が使われています。そのため安全性は高いですが、飲み水として飲用する習慣はあまりありません。硬度も州によって変わるので、不安な場合はミネラルウォーターを購入しましょう。

⑧オセアニアへの出張

オーストラリア出張の基本情報と持ち物

シドニーのオペラハウス
基本情報
気候 北部は熱帯、中南部は温帯、中央部は砂漠気候
主要決済方法 モバイル決済、クレジットカード
コンセント形状 Oタイプなので日本の電化製品を使用する場合は変換プラグが必要
電圧 240Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 飲用可能。地域により硬度が違う
あると便利な持ち物
日焼け止め・サングラス 一年を通して日差しが強いため

気候:
広大で地域によって異なりますが、北部沿岸は雨季と乾季がある熱帯、中・南部沿岸は四季のある熱帯~温帯、中央部は乾燥した砂漠気候です。基本的に暖かく一年を通して日差しが強いため、紫外線対策が必要です。

決済方法:
キャッシュレス決済の普及率が高く、タッチ決済の普及率は世界一といわれています。クレジットカードも基本的にどこででも使用できます。以前まで使えなかった公共交通機関でも、近年は使用できるようになっています。
チップの習慣はほとんどないですが、都市部の高級ホテルやレストランでは渡すのが一般的です。現金の用意は少額で大丈夫です。

水道水:
シドニーやメルボルンをはじめとする多くの地域では軟水ですが、一部硬水の地域もあります。安全でそのまま飲んでも大丈夫ですが、硬水に慣れない場合は軟水を購入しましょう。

ニュージーランド出張の基本情報と持ち物

ニュージーランドの自然ゆたかな街並み
基本情報
気候 全体的に温暖、北部は亜熱帯、南部は氷点下10度まで下がる
主要決済方法 クレジットカード、デビットカード
コンセント形状 Oタイプなので日本の電化製品を使用する場合は変換プラグが必要
電圧 240Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 都市部は飲用可能。地方ではそのままの飲用は避ける
あると便利な持ち物
日焼け止め・サングラス 一年を通して日差しが強いため

気候:
四季があり、日本と同じく南北に長いため、地域での気温差があります。また年間の気温差が少ないものの、一日のうちの気温差が激しいのが特徴です。気温の変化に対応できるような服装を準備することをおすすめします。

決済方法:
キャッシュレス化が浸透しており、VISAやMasterCardのクレジットカードであれば使用できます。
チップの習慣はほとんどないので、現金の用意は少額で大丈夫です。

水道水:
基本的に安全で飲用可能です。稀に地方では水質基準を満たしていない場合があるため、ミネラルウォーターを購入しましょう。軟水の地域が多いですが、一部地域では硬水です。

⑨南米への出張

チリ出張の基本情報と持ち物

チリのイースター島にあるモアイ像が並ぶ様子
基本情報
気候 北部は砂漠気候、中部は温暖、南部は湿気が多く冷涼
主要決済方法 現金、クレジットカード
コンセント形状 Cタイプが主流。様々なタイプが混在しているため
変換プラグがあると便利
電圧 220Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 煮沸すれば飲用可能
あると便利な持ち物
羽織りもの 朝晩の気温差が激しいため

気候:
南北に長く、高低差の大きい地形のため、気候も地域で異なります。北部は砂漠気候、首都サンティアゴのある中部は温暖で四季があります。南部は雨が多く冷涼で、南端のパタゴニア地方は強風が吹き荒れる寒冷気候です。

決済方法:
中級以上のホテルやレストランであれば、クレジットカードが使用できます。それ以外のお店では使えない場合も多いので、現金は用意しましょう。
チップ文化も根付いているため、チップ用の小銭もあると便利です。

水道水:
衛生的には問題なく飲用できるとされていますが、煮沸することをおすすめします。また、硬水に慣れない場合はミネラルウォーターを購入しましょう。

ブラジル出張の基本情報と持ち物

ブラジルのコルコバードの丘にある巨大なキリスト像
基本情報
気候 北部は熱帯、南部は亜熱帯~温帯
内陸部は雨季と乾季に分かれる
主要決済方法 クレジットカード
コンセント形状 C、Nタイプなので日本の電化製品を使用する場合は変換プラグが必要
電圧 110Vなので日本の電化製品を使用する場合は変圧器が必要
水道水 飲用には適さない
あると便利な持ち物
長袖の服・羽織りもの 南はイメージよりも寒い
ファスナー開閉式のカバン スリが多いので防犯対策はしっかり。
腕時計やネックレスなどの貴金属は身に着けないほうが良い

気候:
北部は一年中蒸し暑い熱帯で、リオデジャネイロのある南部は雨の多い亜熱帯、サンパウロ以南は温帯に近い気候です。首都ブラジリアのある内陸部は雨季と乾季があり、一日の中で気温差が大きいです。
冬の時期以外は夏服で過ごせますが、雨が続いたり、日が落ちると途端に寒くなります。季節にかかわらず羽織りものが必要です。

決済方法:
クレジットカードが普及しており、広く使用することができます。現金の用意は少額で大丈夫です。
一般的にサービス料が含まれた金額設定になっているため、チップはあまり必要ではありません。

水道水:
飲用には適さないため、ミネラルウォーターを購入しましょう。

アールワイブログ編集部

この記事を書いた人

アールワイブログ編集部

普段はアールワイレンタルの受注管理やお問い合わせ対応などをしています。
スーツケースを専門に扱う会社ならではのスーツケースにまつわる知識やお役立ち情報・おすすめの商品を紹介しています。
旅に欠かせないスーツケースの魅力をたくさんの人に知ってもらい、旅行がもっと楽しく、快適になるような発信を心がけています。
好きなスーツケース: リモワエースのハントマイン