スーツケースレンタルは日本最大級の【アールワイレンタル】往復送料無料/即日発送/無料補償

スーツケースの処分方法と再利用方法

作成日 2021.02.01

旅行に欠かせないスーツケース。しかし、不要になった場合、どのように処分したらよいか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「破損」や「買い替え」など様々な処分理由ごとにおすすめのスーツケースの処分方法を、メリットデメリットとともに詳しくご紹介します。

また、処分以外にそのまま使い続けるための方法についても提案しています。
是非ご自身に合った方法を見つける際の参考になれば嬉しいです。

スーツケースを処分するのはなぜ?捨てる前に確認!

不要なスーツケースを処分したい…。そんな時まず多くの人が思い浮かぶのが”ごみとして捨てる”方法かと思いますが、実はその他にも様々な方法があります。

スーツケースの捨て方は定められていないため、スーツケースの状況や処分の理由によって様々な手段の中から適切な方法を選ぶことが大切です。
ここでは、5つの処分理由とそれに合ったおすすめの処分手段をご紹介します。

長年使用したため古くなって使えない

古びたスーツケースとカンカン帽子

使用に支障をきたす程の致命的な破損はなくとも、長年の使用により劣化が見受けられるため処分を考える人は多いと思います。

  • キャスターが摩耗しガタつく
  • ファスナーや鍵など各パーツの動きが悪い
  • ボディの傷や汚れ・割れが目立つ
  • 内装にシミなどの汚れ・カビが生じる

機能面・見た目ともにどうしても長年使用するとマイナス面が浮き彫りになってきます。
長年の使用で状態が悪化し使えなくなったスーツケースはこちらの手段で処分がおすすめです。

スーツケースの寿命

ちなみにスーツケースの寿命は5~10年と言われていますが、様々な要因で変わってきます。

例えば、以下のような使用頻度の高さ・使用距離の長さ・使用環境・扱い方によるものです。

  • 頻繁に出張や旅行に出かけ、使用頻度が高く使用距離も長くなる
    →スーツケース全体の劣化、キャスターの摩耗
  • 中に無理やり重くたくさんの荷物を入れて持ち歩く
    →キャスターの摩耗、ファスナー故障・フレームの歪みによる開閉困難
  • 凹凸の多い道で使用する・誤った持ち方(傾けて引っ張る)で持ち歩く
    →キャスターの摩耗の促進、外装ボディの傷

スーツケースを長持ちさせるには

スーツケースは消耗品であり寿命はありますが、少しでも良い状態を保ち長持ちさせるために以下のことに注意しましょう。

定期的にメンテナンスをする
定期的にスーツケースのメンテナンスをする。スーツケースの拭き掃除
定期的にスーツケースのメンテナンスをする。キャスターの掃除

スーツケースを綺麗な状態に保つために旅行から帰ってきたら早めにお手入れを済ませ、定期的にメンテナンスを行いましょう。
具体的なメンテナンス作業としては次のようなものがあります。

  • シール剥がし
  • 内外装清掃
  • キャスター清掃
  • 日陰干し
  • 乾燥剤を入れる

メンテナンス方法については、「収納前のスーツケースお手入れ方法」をご覧ください。

また、スーツケースを使わない時の保管状態もスーツケースを長持ちさせるために重要となります。
方法としては次のようなものがあります。

  • スーツケースカバーを被せて収納する
  • スーツケース内に除湿剤を入れる
  • 匂いのあるものは入れない
  • スーツケース内や上部に、重いものを入れたり置いたりしない
  • キャスターカバーを装着する

なお、スーツケースは高温多湿と紫外線を避け、通気性のよい場所で保管することが大切です。

詳しくはアールワイブログ「使わない時のおすすめスーツケース収納場所」をご覧ください。

使わない時のおすすめスーツケース収納場所

旅行で大活躍の大容量スーツケース。 しかし一方で、使わない間は場所を取ってしまう…どこに収納したらいいの? 適切なスーツケースの収納場所と収納方法、お手入れで悩みを解決。 保管+クリーニング付で便利なキャリストサービスもご紹介!

正しいスーツケースの使い方を心がける
スーツケースを体の横に置き、立てたまま押して運ぶ長い髪の女性

4輪タイプのスーツケースを斜めに倒して引っ張るのは誤った使い方です。4輪全てがきちんと地面に接地する状態で体の横に置き、立てたまま押して移動する正しい使い方をしましょう。

また、普段からスーツケースに負担のかかる行動(重すぎる荷物の収納・上に腰掛ける・足早に引っ張る・凹凸の多い道の走行等)は控えましょう。

破損して使えない

破損して使えない。割れや凹んで破損した2種類のスーツケース。

スーツケースのパーツが破損してしまい、荷物を運ぶ役割が機能しなくなってしまった場合、どうしようもなく処分を選択することは多いと思います。

破損しやすい箇所

破損しやすいスーツケースのパーツは以下のようになります。

キャスター
破損しやすい箇所の1つ。スーツケースの破損したキャスター

”楽に荷物を運ぶ”スーツケース最大のメリットを支える重要なパーツながら、最も破損しやすい箇所になります。

キャスターが外れることに加え、タイヤのゴム劣化・回転不良が生じることで真っ直ぐ思うように進まなくなるなどの破損が見られます。

キャスターの破損を防ぐための対策については、アールワイブログ「スーツケースのキャスターを修理 自力で治せる?業者に依頼?」内「キャスター破損の原因と対策」を参考にして使用することをおすすめします。

スーツケースのキャスターを修理 自力で治せる?業者に依頼?

たくさんの荷物を楽に運べるスーツケースにとって重要なパーツ、キャスターは最も壊れやすい!DIYでお得なキャスター交換修理やキャスターにまつわる様々な情報をご紹介。キャスターは自力で直す?業者に依頼?それぞれのメリットデメリットも比較します!

テレスコープ(伸縮)ハンドル
レンガの壁をバックにした伸縮(テレスコープ)ハンドルの黒いスーツケース

キャスターに続いて多く破損が見られるパーツになります。

ハンドルの破損で多いのは、引き出したまま戻らなくなる・高さを固定できなくなる・収納されたまま引き出せなくなってしまう…など。
また、スーツケースを持ち上げる際、つい付属のハンドルではなく、キャリーバーを持ってしまうと外れやすく破損の大きな原因となります。

その他、以下のような破損が見られやすいです。

  • 内装や外装ファスナーが外れる・動かない
  • 鍵の不具合
  • 大きな亀裂や凹み

破損により使えなくなったスーツケースはこちらの方法による処分または修理がおすすめです。どちらにするか悩む人は次項の「処分と再利用で迷ったら…」も参考にしてみてください。

まだ使えるけれど新しく買い替えたい

白いワンピースの女性と、白いスーツケース
砂浜にある淡いブルーのスーツケース

見た目・機能ともに日々更新されていくスーツケース。

スーツケースを洋服などと同じファッションアイテムとして流行に合わせて楽しみたい、最新機能が搭載されたスーツケースでとことん使い勝手にこだわりたい…という人も。

また、ライフスタイルの変化により旅行で必要なスーツケースも異なります。

  • 子どもができるなど家族が増えて、大きいサイズのスーツケースが必要になった
  • 海外旅行より国内旅行を楽しむようになり、小回りの利くスーツケースが欲しい

こういった様々な理由で新しいスーツケースに買い替えるにあたって、まだ使えるけれど現在持っているスーツケースを手放す必要がある人におすすめがこちらの方法です。

スーツケースの保管場所がない

スーツケースの保管場所がない。
押し入れに収納された2台のスーツケース。

次の旅行や出張までのスーツケースを使わない間、自宅で保管する必要があります。

しかし、自宅の収納スペースが狭く、スーツケースが場所を取ってしまう…。
そのような悩みを抱えてスーツケースを手放したいと考えている人におすすめなのがこちらです。処分や売却する前に一度考えてみてはいかがでしょうか。

旅行に頻繁に行かない為、スーツケースの使用予定がなくなった

生活スタイルの変化に伴い、以前に比べ旅行や出張に行く機会が減ったことでスーツケースの使用予定がなくなり、スーツケースを手放したい人におすすめがこちらです。
もし必要な機会ができたときに、必要なサイズ・お気に入りのデザインのスーツケースをその都度手軽に”レンタル”というのもいいかもしれません。

処分と再利用で迷ったら…

スーツケースを処分と再利用で迷う。開かれた本からたくさんのクエスチョンマークが浮かび上がる

具体的な処分方法についてご紹介する前に、「処分」と「再利用」の基準の例を以下でご紹介します。

どちらがいいか迷った際は参考にしてみてください。

処分 修理して再利用
・破損箇所が修理不能な場合
(手が施せない箇所の破損・パーツが調達できない)
・破損箇所が細部にわたり多い。全体的な劣化
・修理代金が高額になる
(新規購入の方が安い)
・比較的新しい
・修理箇所が最小限
・簡単で安価に修理可能
・スーツケースに対する思い入れが強い

スーツケースの処分方法

スーツケースの処分方法と一口に言っても、様々な方法があります。ここでは、それぞれの方法における手順やメリット・デメリットを解説します。

まず、これ以上利用が難しい「状態が悪いスーツケースの場合」の4つの処分方法をご紹介します。

自治体で処分する

スーツケースを自治体で処分。
陽の当たるフローリングに青い折り紙で作られた家が3つ

スーツケースを処分する場合、最も一般的な方法が自治体で処分する方法です。その中でも「粗大ごみ」と、場合によって「不燃ごみ」の2つの出し方があります。

※ここでは代表的な処分方法をご紹介しますが、自治体ごとにルールが異なる為、事前にしっかり確認し従うことが大切です。

粗大ごみとしてそのまま捨てる

スーツケースを粗大ごみとして捨てる。布団やタンスが山のように積み上げられている

ほとんどの自治体で粗大ごみとは「家庭の日常生活から出されるごみで、一辺の長さが30センチメートルを超える家具や電化製品」のように規定されており、スーツケースは粗大ごみに分類されます。

粗大ごみの出し方手順

粗大ごみとして捨てるには、事前に申込をする必要があります。

  1. 「粗大ごみ受付センター」に電話またはインターネットで申込手続きをする(回収・自己搬入どちらとも)
    ※電話は混み合いやすいのでインターネットからの申込がおすすめ!
  2. 「粗大ごみ処理手数料券」を購入する
    ※取扱の表示があるコンビニやスーパー等で購入可能
  3. 指定された日に、粗大ごみを出す(回収) / 粗大ごみを運ぶ(持ち込み)
    回収:氏名等を記入した券をよく見えるところに貼り付け、収集日の指定時間(主に朝8~9時頃)までに外に出す
    持ち込み(自己搬入):氏名等を記入した券をよく見えるところに貼り付け、指定された日時に自分で処理施設まで運ぶ
粗大ごみの処分費用相場

自治体によって異なりますが、粗大ごみとしてスーツケースを処分する際の費用は200~400円が多いです。
なかには、回収に来てもらうと400円程の費用がかかるところ、自己搬入にすることで200円程と半額となり、より安く済ますことができる場合があります。

粗大ごみ処分のポイント

スーツケースは大きな物となるので運搬に手間がかかります。また、忙しくなかなか時間が取れない人にとっても回収に来てもらうことで楽に処分できます。

一方、自治体の中には回収と自己搬入で費用が異なり、処理施設に直接持ち込むことでより安く処分することができる場合も…。

さらに、回収では受付日も限られており、また混雑する時期になると随分先になることもありますが、自己搬入では比較的早めに受け付けてもらえることも多いです。引っ越しのため退去までに処分したい・回収日まで置いておくのに邪魔になる等の理由で早く荷物を処分したい人にもおすすめです!

どちらも自治体が行っているため安心して利用できます。

こんな人におすすめ!

  • 回収…運搬にかかる時間と手間を省きたい人
  • 自己搬入…処分費用を抑えたい人・早く処分に出したい人

粗大ごみ処分の注意点

祝日や年末年始・年度末は混雑が予想され、通常より搬入に時間がかかる可能性があるので注意が必要です。時期をずらしたり、早めの予約をおすすめします。

粗大ごみ処分のメリットとデメリット
メリット
安い費用で処分できる。自治体が行っているので安心
デメリット
回収や持ち込みまでに時間がかかる場合がある。処分申込~準備等の手続きが面倒

分解して不燃ごみとして捨てる

スーツケースを分解して不燃ごみとして出す。黄色いごみ収集車。

不燃ごみとは金属類や小型家電、ガラス類・茶碗類など1辺が30㎝を超えない大きさの燃えないごみです。

スーツケースは大きいため不燃ごみで処分する場合、細かく解体する必要があります。
金属製やプラスチック製スーツケースはかたい材質上、自分で分解することが難しいため粗大ごみにそのまま出すとよいですが、布製であれば細かく分解し不燃ごみや可燃ごみに分別し処分することも可能です。

布製スーツケースの解体方法
黒い布製スーツケース。布製スーツケース解体方法。

布部分にはさみやカッターナイフを入れ、細かく切り刻みます。
できれば布部分とパーツに分け、布のみの部分は可燃ごみ、キャスターやハンドル等は不燃ごみに分別しましょう。

※はさみやカッター、切断した鋭利な破片で怪我をしないよう十分注意して作業を行いましょう。

不燃ごみ処分のポイント

スーツケースを分解し、不燃ごみや可燃ごみで出すことが出来れば費用をかけずに処分できます。
また、月に1~2回、自治体で不燃ごみの回収日が決められていることが多く、粗大ごみのように申込予約の手間もありません。指定場所に時間までに出しておけば回収にきてもらえます。

しかし、スーツケースの解体は大変な作業で手間や時間がかかるため、少し費用がかかってもそのまま粗大ごみとして処分する方が楽かもしれません。

こんな人におすすめ!

処分費用をかけたくない人
不燃ごみ処分のメリットとデメリット
メリット
費用をかけずに処分できる。申込予約が不要
デメリット
分解にかなり手間と時間がかかる

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用。不用品回収業者のトラックの荷台にタンスや食器棚が積まれている。

スーツケースを処分する場合、不用品回収業者を利用するという手もあります。

まず、回収費用の見積もりを出してもらい問題がなければ正式な依頼となります。その際、希望日時を指定すれば自宅まで回収に来てもらえ、運搬等も全て行ってもらえます。

不用品回収業者の回収費用相場

業者に回収に来てもらう場合、スーツケース1個あたり数千円の回収費用が発生します。
時間や手間はかかりませんが、金額は自治体の回収に比べかなり高額となります。

不用品回収業者利用のポイント

回収業者では自宅からの運搬なども全て行ってもらえるため、手間がかかりません。他にも回収してほしいものが多い場合は、全て1回で片付くため便利かもしれません。

また、回収は平日の昼間など限られた時間だけでなく、休日や夜など幅広い日時を指定出来る業者もあり、忙しい人にとって楽に処分できます。

しかし、その分金額は自治体等その他の手段に比べ、かなり高額になってしまいます。
中には悪徳業者もおり、知らず知らずのうちに下記のようなトラブルに巻き込まれてしまう恐れもある為、注意が必要です。

不用品回収業者依頼の注意点

業者の中には以下のような悪徳業者がいるため注意が必要です。

  • 無料と謳っておきながら、積み終わった後に高額を請求された
  • 格安業者を利用して回収したら不法投棄され、自身も罰則を受けることとなった
  • 金目になるものを物色し、盗難されそうになった
業者選びのポイント

このような悪質業者を見極めるポイントとして以下をしっかり確認しましょう。

  • 必ず自治体からの許可である「一般廃棄物収集運搬許可」を取得しているか
  • 巡回トラックやチラシ投函の会社に安易に頼まず、よく調べてからにする
  • 2~3社に見積もりを取り、金額や内容がしっかりしており問題ないか確かめる

こんな人におすすめ!

処分に極力時間と手間をかけたくない人

不用品回収業者利用のメリットとデメリット

メリット
自宅まで来て運搬等全て行ってもらえる。都合に合わせて回収日時を指定できる
デメリット
回収費用が高額。悪質業者とトラブルになる恐れがある

発展途上国に寄付する

使わなくなったスーツケースを発展途上国に寄付。使わなくなった古びたスーツケースの中から古びたくまのぬいぐるみが顔を出す

使わなくなったスーツケース。
捨ててしまう前に発展途上国への寄付を考えてみてはいかがでしょうか。

生活設備が整っていない発展途上国ではスーツケースを収納家具として再利用しています。捨てる予定だったスーツケースが必要としている人に大切に使ってもらえる、身近なことが社会貢献に繋がる素敵な活動ではないでしょうか。

「リユーススーツケースプロジェクト」

リユーススーツケースプロジェクト。
笑顔の二人の外国人男性。
一方の男性から使い込まれたスーツケースが手渡される。
リユーススーツケースプロジェクト

当社日本鞄材では廃棄されてしまうなら必要としている人たちに届け、使ってもらいたい、少しでも生活改善に貢献したい…という想いで”REUSE SUITCASE PROJECT(リユーススーツケースプロジェクト)”を実施しています。

ご利用手順
  1. 弊社へスーツケースを郵送してください(回収手数料0円、送料のみご負担)
    ※郵送先やご注意事項等、詳しくは日本鞄材HPをご確認ください
  2. 弊社でお預かりします
  3. 発展途上国に寄付いたします
ご利用条件
  • いつでも受付
    日時の指定はありません。お気軽にお送りください
  • 壊れていても
    破損して使えなくなったものでも受付いたします
  • どんな種類でも
    ブランドやタイプ関係なくどんな種類でも受付いたします

こんな人におすすめ!

必要としている人に大切に使ってほしい人
社会貢献を考える人

発展途上国への寄付のメリットとデメリット

メリット
本当に必要としている人の手に渡る。処分ではなく再利用できる
デメリット
送料の負担がかかる。発送手配等手続きが必要

販売業者に下取りに出す

パソコンのキーボードの中央に青い買い物カートのイラストの描かれたキーボード。

スーツケースを処分して同時に新しいスーツケースを購入したいとき、購入先での古いスーツケースの下取りが利用できることもあります。
通常、スーツケースを処分するとなると今まで紹介したような処分費用がかかります。

しかし、販売業者が主に商品の販売促進のために行っているこのサービスでは、対象スーツケースを購入することで無料で引き取ってもらえたり、さらには数百円~数千円のキャッシュバックがあることも…。お得にスーツケースの処分と購入ができるため是非チェックしてみることをおすすすめします!

しかし、なかには購入価格が一定金額以上でないと下取りが利用できない場合や、下取りに出すスーツケースのブランドや状態によって引き取ってもらえない場合などがあるため、予め下取り内容は店舗に確認しましょう。

アールワイレンタルのスーツケース販売

アールワイレンタルスーツケース販売のサイト画面
アールワイレンタルのスーツケース販売

当社アールワイレンタルでは、レンタル事業だけでなくスーツケース販売も行っています。
(エース・サンコー・バーマス等取扱有)
レンタルしたスーツケースと同じものや、気に入ったブランドの他の商品も購入できます!

当社の販売サイトでご購入いただくと、ご希望者様に下記のお得な特典があります。

リユーススーツケース無料回収+クオカード1000円の特典

発展途上国に寄付する」でもご紹介した「リユースプロジェクト」では通常送料をご負担いただいておりますが、スーツケースをご購入いただいた方は無料で回収を行っています。どんなブランドやタイプでも壊れていてもお受付し、発展途上国に寄付します。

それに加えて、クオカード1,000円分付きでさらにお得です。

こんな人におすすめ!

新しいスーツケースの購入予定がある人

販売業者下取りのメリットとデメリット

メリット
新規購入と同時に処分ができ手間がかからない。処分費用がかからず、キャッシュバックがある場合も
デメリット
下取りには条件がある場合もある

次に「まだきれいで使えるスーツケースの場合」は下記の2つの方法を選ぶとよいでしょう。

売却する

新しいスーツケースへの買い替えや使用予定がなくなった等の理由で、手元にまだ綺麗で使用できるスーツケースがある場合は、”売る”ということも考えてみましょう。

「買取業者に売却する」方法と「フリマアプリで売却する」方法の2通りの方法をご紹介します。

買取業者に売却する

いらなくなったスーツケースを買い取り業者に売却。並んで置かれる虫眼鏡と電卓

買取業者ではスーツケースの買取も行っているところがあります。

店舗で買取商品の査定をしてもらい、提示金額に承諾すれば売買成立。その場で現金を受け取ることができます。店舗に行くのが難しい場合は、出張買取や宅配買取など他の方法も選べます。
買取業者ではスーツケースのブランドによって高値で買い取ってもらえる場合もあります!

一方で、スーツケースの状態が査定に大きく関係します。汚れや傷、匂いにより査定額が下がってしまったり、破損しているものや見た目の損傷具合によっては買取不可になるため注意が必要です。

買取してもらえるスーツケースの特徴
買取してもらえるスーツケースの特徴は何か。開いた本から飛び出す大きな光る電球のイラスト
人気ブランドである

 リモワ、サムソナイト、ルイヴィトン、グローブトロッターなど

上記のような人気ブランドは買取率・買取価格ともに高い傾向があるため、持っている人はぜひ一度買取を検討してみましょう。

破損がなく、目立った傷や汚れが少ない

状態がいいものほど好条件で買取してもらえる可能性が高いです。次に紹介する「スーツケースをより高く売却するために」で紹介するメンテナンスを行うことをおすすめします。

使いやすい大きさ

あまり大きすぎるスーツケースはニーズが限られてしまいます。機内持ち込みサイズなど国内旅行でも利用しやすいサイズが人気で需要が高いです。

スーツケースをより高く売却するために
スーツケースを綺麗な状態にしてから査定に出す
スーツケースをより高く売却するためにすること。綺麗な状態にするためスーツケースに貼られたシールにドライヤーを当てて剥がす作業をしている

スーツケースの汚れや匂い、ちょっとした不具合が査定に響かないよう、より高く売却するために自宅でできるメンテナンスを行ってから査定に出すことをおすすめします。
ブログ「使わない時のおすすめスーツケース収納場所」でも紹介している下記を行うととても効果的です。

使わない時のおすすめスーツケース収納場所

旅行で大活躍の大容量スーツケース。 しかし一方で、使わない間は場所を取ってしまう…どこに収納したらいいの? 適切なスーツケースの収納場所と収納方法、お手入れで悩みを解決。 保管+クリーニング付で便利なキャリストサービスもご紹介!

  • シール剥がし…航空会社で預け入れの際に貼られたシールはドライヤーの熱風を軽く当て剥がしましょう。
  • 内外装清掃…水を絞った布で外側と内側を拭き、汚れを落とします。内装に溜まったゴミは掃除機で吸い取ります。
  • キャスター清掃…水を絞った布できれいに拭き、歯ブラシ等で車軸に絡まった髪の毛や埃などのゴミを取り除きましょう。
  • 日陰干し…風通しが良いところで日陰干しすることで匂いが軽減されます。

より詳しい説明は「スーツケースのお手入れ方法」をご確認ください。

購入時の付属品を全て揃える

新品で購入したときについてきた箱やカバー、ネームタグなどが揃っていれば査定金額も上がりやすいです。

こんな人におすすめ!

まだ綺麗で使えるスーツケースを持っている人
売却に時間をかけたくない人
買取業者に売却するメリットとデメリット
メリット
ブランドによっては高値で売却できる。売却できるかがすぐにわかる
デメリット
状態が悪いと買取不可になることがある

フリマアプリで売却する

不要になったスーツケースをフリマアプリで売却する。
スマートフォンでフリマアプリのサイトを閲覧

フリマアプリを使ってスーツケースを出品し、売却するという方法もあります。

サイトに登録してアカウントを取得し、商品の写真を撮り説明文とともにアップすれば出品完了。落札または購入されたら、商品を梱包し発送手続きを行います。
時間が空いた時に、スマホ1つで自宅から手軽に出品でき便利な一方で、全て自分で行わなければならず発送作業などに手間がかかります。

必ず売れるという保証はないため、商品写真や文章、価格設定を工夫したり根気強く取り組むことが大切です。購入者間でのトラブルには注意しましょう。

売却されやすくするために
不要になったスーツケースを売却されやすくする。積み上げられた本と光る大きな電球のイラスト

「買取業者に売却する」際の「スーツケースをより高く売却するために」で伝えたメンテナンスの他にも、フリマアプリならではの”売れやすくするコツ”をご紹介します。
直接現物を見ない売買ならではの不安を取り除く内容を心がけましょう。

写真の撮り方は、現物に忠実・分かりやすさ重視で

1枚目はパッと見て分かるような全体の見える写真を選びましょう。色味は変えず、少し明るめがおすすめです。
他にも正面・裏側・左側・右側・内装・上から・引き・各パーツ(キャスターや伸縮ハンドルなど)のアップ等、出来るだけ多く様々な角度の写真があると分かりやすいです。

また、取引後のトラブルを避けるために、予め傷や汚れはアップ写真でしっかりと伝えるようにしましょう。

商品説明文は細部まで丁寧に記載する

商品名(型番)や正式なサイズ(縦・横・奥行)、重さや色、材質など商品情報だけでなく、購入した時期や使用頻度、傷や汚れがどの程度あるかなど商品状態は細かく記載しましょう。

関連キーワードを多数記載する

まず商品を見つけてもらうことが大切です。検索にかかりやすくなるよう、関連キーワードを多数載せましょう。

(例:スーツケース、キャリーケース、ブランド名(ローマ字表記とカタカナ表記)、商品名、容量、カラー、軽量・TSAロック等の機能 など)

アプリごとの特色を知る

アプリによって利用する年齢・男女層、得意とするジャンルなど特色が異なります。

  • 若い女性の利用が多いアプリ…デザイン重視・持ち歩きやすい小さめのサイズ
  • 年齢層が高めで男性の利用が多いアプリ…出張向けのスーツケース・有名ブランドのスーツケース

など売れやすいスーツケースも変わってきます。売りたいスーツケースに合ったアプリを選ぶことが大切です。

フリマアプリ使用の注意点

フリマアプリでは個人間での取引になる為、トラブルに注意が必要です。

例えば、出品側では「商品が届かない」などと言われ受取評価をしてもらえず、代金が支払わないなどのトラブルがあります。対策として追跡ができる配送方法を選ぶようにしましょう。

見知らぬ個人同士の取引であることをしっかりと理解し、トラブルを最小限に抑えるための行動を心がけましょう。

こんな人におすすめ!

まだ綺麗で使えるスーツケースを持っている人
売却を急いでいない人
フリマアプリで売却するメリットとデメリット
メリット
処分せず希望者の手に渡り再利用できる。人気ブランドは高値で売れることがある
デメリット
梱包・発送に手間がかかる。売却できないと手元に長く残ってしまう。購入者間でトラブルが生じることもある

スーツケース処分以外の利用方法

ここでは、スーツケースを処分する以外で手元にあるスーツケースを利用する方法をご紹介します。

修理やクリーニングをして再利用する

スーツケースに破損や不具合、汚れが生じて、すぐに処分してしまうのは勿体ないです。スーツケースの破損や不具合が一部分であれば修理を行ったり、汚れをクリーニングすれば再度利用できることも…。

まだ新しいのに、破損して使えなくなってしまった…。

思い入れのある大切なスーツケースをこれからも使い続けたい…。

そんな場合も処分を考えるその前に一度”修理”や”クリーニング”を考えてみてはいかがでしょうか。

修理して再利用する

古くなったスーツケースのキャスターを修理して再利用する

破損しやすい箇所」で紹介したキャスターや伸縮ハンドルなどは壊れやすく、一部パーツのみ破損している場合は修理を行うことで再利用できます。アールワイブログ「スーツケースのキャスターを修理 自力で治せる?業者に依頼?」ではDIYでできるキャスター修理も紹介していますが、あくまで応急的なため、長期的に使用できる丁寧な仕上がりを求めるのであれば、修理業者に依頼するとよいでしょう。

スーツケースのキャスターを修理 自力で治せる?業者に依頼?

たくさんの荷物を楽に運べるスーツケースにとって重要なパーツ、キャスターは最も壊れやすい!DIYでお得なキャスター交換修理やキャスターにまつわる様々な情報をご紹介。キャスターは自力で直す?業者に依頼?それぞれのメリットデメリットも比較します!

しかし、修理代金は高額になることもあり、場合によっては新品を購入した方がお得になることも…。

修理するかどうか迷っている方は、一度簡単な見積もりを出してもらうこともおすすめします。
また、「処分と再利用で迷ったら…」の基準も参考にしてみてください。

日本鞄材株式会社の修理事業
日本鞄材株式会社のスーツケース修理事業。スーツケース修理サイトの画面
 日本鞄材株式会社の修理サイト

当社日本鞄材では、スーツケースの修理も行っています。
思い入れのあるスーツケースを大切に使い続けたい…。そんな方にはスーツケースを専門に扱う当社の修理をおすすめします!プロの技術で仕上がり・品質ともに安心できます。

さらに、当社では修理とセットで以下のお得な2つの特典キャンペーンも行っています。

  1. 修理と一緒に無料でクリーニングも!
  2. 修理期間中にスーツケースを50%OFFでレンタルできる!

詳しい修理内容・料金等につきましては日本鞄材修理サイトをご覧の上、お問い合わせください。

こんな人におすすめ!

スーツケースに思い入れがある人
スーツケースを長く使い続けたい人
修理のメリットとデメリット
メリット
処分せず、思い入れのあるものも長く使い続けることができる。DIYで安価に、業者に頼めばプロの技術で丁寧で万全な仕上がりに
デメリット
修理代金が高額になることがある。修理不能な場合もある

クリーニングして再利用する

スーツケースをクリーニングして再利用する。スーツケースの内装についたシミに液体を吹きかけて清掃している様子

内装にオイルや化粧が漏れてできたシミ。保管状態が悪くできてしまったカビ。
外装の汚れや貼りついて剥がしづらくなったシール。

こうならないために定期的なメンテナンスを行うことが大切ですが、できてしまったものを無理に落とそうとすると、逆に汚れを広げてしまうこともあるため注意が必要です。

心配な方は、スーツケースクリーニング業者に依頼することで、ご家庭では落としきれない汚れもプロの技術でキレイに落とし、抗菌・消臭もできます。
綺麗になったスーツケースでまた旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

アールワイレンタル楽天市場店のクリーニング事業
アールワイレンタル楽天市場店のクリーニング事業。スーツケースクリーニング、保管サービスのサイト画面
アールワイレンタル楽天市場店のクリーニングサイト

当社アールワイレンタルが楽天市場で運営するクリーニングでは、スーツケース専門企業だからこそ可能な熟練された技術で以下のクリーニングを行い、ご家庭で落としきれなかった汚れを徹底的に落とします。

  • 内装クリーニング…内装のシミ取り・オゾン機による徹底消臭
スーツケースの内装クリーニング。シミの箇所に液体を吹きかけて内装のシミ取り作業
スーツケースの内装クリーニング。オゾン機による消臭。オゾンの機械
  • 外装クリーニング…汚れ落とし専用クリーナー・キャスター清掃・シール剥がし
スーツケースの外装クリーニング。外装に付いた汚れを汚れ落とし専用クリーナーで磨いたビフォーアフター
スーツケースの外装クリーニング。汚れたキャスターの清掃

こんな人におすすめ!

スーツケースを長く綺麗に保ちたい人
クリーニングのメリットとデメリット
メリット
綺麗になってまた利用できる。業者に頼めば手間がかからず、プロの技術で徹底的に綺麗に
デメリット
臭いや汚れを全て取り除けない場合もある

スーツケース収納サービスを利用する

スーツケース収納サービスを利用。場所を取るがカバーをかけて押し入れに収納。

自宅の収納スペースが狭く、スーツケースが場所を取ってしまう…。

使わない期間が長いのに場所だけ取る…。

このような使わない間のスーツケースの保管に悩んだときは、処分するのではなく、スーツケース収納サービスを利用すれば、次の旅行まで預かってもらうこともできます。

スーツケース収納サービス「キャリスト」

スーツケース収納サービス「キャリスト」月額500円のスーツケース収納サービスサイト画面 
スーツケース収納サービス【キャリスト】

当社が運営する「キャリスト」では、置き場所に困ったスーツケースを送るだけで、次回利用時まで最適環境で大切に保管。最低保管期間はありませんので、必要な時にいつでも取り出し可能です!

ご希望の方にはクリーニング(別途有料)も行い返却します。

  • 月単位で月額500円(税別)
  • いつでも取り出せて、最短翌日にお届け可能
  • 預け入れ送料無料!(取り出し送料のみ800円)

こんな人におすすめ!

スーツケースの収納に悩んでいる人

スーツケース収納サービスのメリットとデメリット

メリット
自宅に場所を取らず、最適環境で保管できる。いつでも取り出せて手続きも簡単
デメリット
保管料金が発生する。

その他(スーツケースをレンタルする)

今までスーツケースの処分方法をご紹介しましたが、もしスーツケースを処分して手放した後にスーツケースが必要になったら、レンタルを利用するというのも手です。

スーツケースレンタル「アールワイレンタル」

スーツケースレンタル【アールワイレンタル】の公式ホームページ
スーツケースレンタル【アールワイレンタル】

当社アールワイレンタルではネットで注文すれば、ご希望日に自宅まで清潔なスーツケースが届き、利用後もそのまま返送するだけ。保管の場所も取らず、面倒な清掃等も必要ありません。

300種類以上の高級スーツケースなどを取り揃えており、お好みに合わせたデザインやカラー、日数に応じたサイズをその都度選ぶこともでき、その他メリットもたくさん!
スーツケースを処分した後、一度”レンタル”について考えてみるのもいいかもしれません。

こんな人におすすめ!

保管場所に悩みスーツケースを手放した人
毎回異なる用途や好みに合ったサイズ・デザインのスーツケースを利用したい人
旅行に頻繁に行かなくなった人

スーツケースレンタルのメリットとデメリット

メリット
必要な時にレンタルするので場所を取らない。その都度必要なサイズやデザインを選べる
デメリット
延滞等で別途料金が発生する可能性がある

処分方法別メリットとデメリットのまとめ

今までに紹介したスーツケース処分や再利用など11の方法のメリットとデメリットをまとめました。

メリット デメリット 金額
粗大ごみで処分 ・安い費用で処分できる
・自治体が行っているので安心
・回収や持ち込みまでに時間がかかる場合がある
・処分申込~準備等の手続きが面倒
200~400円程負担
不燃ごみで処分 ・費用をかけずに処分できる
・申込予約が不要
・分解にかなり手間と時間がかかる 無料
不用品回収業者を利用 ・自宅まで来て運搬等全て行ってもらえる
・都合に合わせて回収日時を指定できる
・回収費用が高額
・悪質業者とトラブルになる恐れがある
数千円負担
発展途上国に寄付 ・本当に必要としている人の手に渡る
・処分ではなく再利用できる
・送料の負担がかかる
・発送手配等手続きが必要
送料負担
販売業者の下取り ・新規購入と同時に処分ができ手間がかからない
・処分費用がかからず、キャッシュバックがある場合も
・下取りには条件がある場合もある 無料
または数百円~数千円キャッシュバック
買取業者に売却 ・ブランドによっては高値で売却できる
・売却できるかがすぐにわかる
・状態が悪いと買取不可になることがある ブランド・状態により
数千円~数万円で売却
フリマアプリで売却 ・処分せず希望者の手に渡り再利用できる
・人気ブランドは高値で売れることがある
・梱包や発送に手間がかかる
・売却できないと手元に長く残ってしまう
・購入者間でトラブルが生じることもある
ブランド・状態により 数千円~数万円で売却
修理して再利用 ・処分せず、思い入れのあるものも長く使い続けることができる
・DIYで安価に、業者に頼めばプロの技術で丁寧で万全な仕上がりに
・修理代金が高額になることがある
・修理不能な場合もある
DIY:数百円負担
業者:数千円~負担
クリーニングして再利用 ・綺麗になってまた利用できる
・業者に頼めば手間がかからず、プロの技術で徹底的に綺麗に
・臭いや汚れを全て取り除けない場合もある 数千円負担
スーツケース収納サービスを利用 ・自宅に場所を取らず、最適環境で保管できる
・いつでも取り出せて手続きも簡単
・保管料金が発生する 月額550円~負担
レンタルする ・必要な時にレンタルするので場所を取らない
・その都度必要なサイズやデザインを選べる
・延滞等で別途料金が発生する可能性がある 5,000円程~負担(7日間・送料込み)
アールワイブログ編集部

この記事を書いた人

アールワイブログ編集部

普段はアールワイレンタルの受注管理やお問い合わせ対応などをしています。
スーツケースを専門に扱う会社ならではのスーツケースにまつわる知識やお役立ち情報・おすすめの商品を紹介しています。
旅に欠かせないスーツケースの魅力をたくさんの人に知ってもらい、旅行がもっと楽しく、快適になるような発信を心がけています。
好きなスーツケース: リモワエースのハントマイン