スーツケースレンタルは日本最大級の【アールワイレンタル】往復送料無料/即日発送/無料補償

格安スーツケースは壊れやすい?安く抑えたいならレンタルがおすすめ

2020.06.09

格安スーツケースは壊れやすい?安く抑えたいならレンタルがおすすめ

快適な旅のお供になってくれるスーツケース。サイズやタイプにもよりますが、安いものだと数千円で手に入ります。購入すると数万円になるブランドスーツケースでも、レンタルだと同じくらいの値段で借りられます。

交通費や宿泊代、旅先での支出を考えるとなるべく安く抑えたい…
でも安いものは品質的に大丈夫?
そもそもスーツケースが壊れることはある? レンタルって本当にお得?

本記事ではそんな疑問をスーツケースの値段と品質の面から考えます。

目次

スーツケースの値段と品質の関係

スーツケースの値段は数千円~数万円までピンキリです。何が価格の差として表れるのでしょうか。

重量・強度に影響するボディ素材

スーツケースの重量

同じサイズでもボディの素材によって重さはずいぶん変わります。Mサイズ60L程度のスーツケースでは、素材で3kgも重さが変わることも。

空港で預け入れる場合は重量制限があるので、荷物をたくさん詰め込んだりお土産を買い込む予定がある場合には、スーツケース自体の重さも気にしましょう。

ABS樹脂

電化製品にも使われている樹脂プラスチック素材です。紫外線に弱く直射日光にさらされると劣化していきます。安価なスーツケースによく使用されています。

ABS樹脂のスーツケース
利点軽くて安い
欠点直射日光に弱く劣化する。ポリカーボネートよりは重く強度に欠ける為壊れやすい

ポリカーボネート(PC)

プラスチック素材の中では最も衝撃に強く、紫外線にも強いです。耐衝撃性はABS樹脂の5倍。値段はABS樹脂製のものより高くなります。

 ポリカーボネート(PC)のスーツケース
利点他の素材よりも圧倒的に軽く、かつ耐久性・耐衝撃性がある
欠点ABS樹脂よりも値段は高くなる

アルミニウム合金

プラスチックよりも頑丈で衝撃に強い金属素材です。凹んでも耐久性が変わらないことが特徴です。アルミは金属の中では最も軽いですが、ABSやポリカーボネートに比べると重量が出ます。値段も張ります。

アルミニウム合金 のスーツケース
利点頑丈で耐衝撃性に優れ、凹んでも耐久性が変わらない
欠点ABS樹脂やポリカーボネートに比べ重く、値段が高い

※ポリカーボネートとABS樹脂の合成素材を使用しているスーツケースも多いです。ポリカーボネートの割合が多ければ多いほど、軽量さ・耐久性・値段は上がります。

スーツケース自体の機能性

外観や容量ばかりに目が行きがちですが、使い勝手を考えると内装やパーツも大切です。価格が安いと全体的にシンプルになりがちです。内装やパーツにもこだわりが見えるスーツケースは、その分値段にも反映されます。

収納ポケット

ファスナーポケットや収納スペースがあると小物を探す手間が省けて便利です。無くてもポーチなどで代用できますが、その分荷物が増えてしまうことも。

スーツケースの収納ポケット

クロスベルト、間仕切りシート

荷物の容量は滞在日数や季節によっても変わります。スーツケースの中にスペースがあると、固定できない場合は中でぐちゃぐちゃになってしまいます。

間仕切りはファスナー式のシートタイプのものや、マジックテープで留める仕切り板タイプがあります。ファスナータイプは密閉でき、板タイプは荷物の量に合わせて隙間なく固定できたり取り外したりできるという利点がそれぞれあります。

間仕切りシートファスナー式スーツケース
ファスナー式

間仕切りシートマジックテープ式スーツケース
マジックテープ式

クロスベルトは長さを調節できると便利です。

クロスベルトのスーツケース
クロスベルト

キャリーハンドル

高さを変えられるものを「テレスコープハンドル」と呼びます。身長によって使いやすい高さは違うので、高さを何段階変えられるか着目するといいでしょう。

スーツケースのキャリーハンドル

エキスパンダブル(拡張)機能

スーツケース側面にあるファスナーを開けるだけでマチが広がり、容量を多くできる機能です。お土産等で荷物が増えたときに便利。荷物が少ないときは閉めればコンパクトになります。

車輪(キャスター)

スーツケースのキャスターには様々な種類があります。移動の快適さを左右するため、旅先で引いて歩くことが多い場合はキャスターにも着目しましょう。

S~Mサイズ程度の場合は、車輪が2輪のタイプと4輪のタイプがあります。

2輪タイプのスーツケース
2輪タイプ
4輪タイプのスーツケース
4輪タイプ
利点欠点
2輪軽くて音が静か。
傾斜面や電車内でも転がっていかない。
小回りが利かず走行方向を変えにくい。
斜めに引きながらしか運べない。
4輪マルチホイールでどの方向でも自在に走行。
垂直にしたまま転がして運べる。
ストッパーがなければ傾斜面や電車内で勝手に動く

※マルチホイール : 360°回転式の車輪。基本的に2輪は固定式、4輪は回転式が多い。
※ストッパー: 車輪が動かないよう固定する機能。キャスターロックとも。

また、1ヶ所のキャスターにタイヤが1つのシングルキャスターと、タイヤが2つのダブルキャスターがあります。

シングルキャスターのスーツケース
シングルキャスター
ダブルキャスターのスーツケース
ダブルキャスター

利点欠点
シングルキャスター軽い石畳や未舗装の道では走りにくい
ダブルキャスター走行が安定する車輪が多い分重くなる

スーツケースのセキュリティ機能

セキュリティ

スーツケースのトラブルで心配なのが盗難。空港では荷物の検閲でスーツケースのロックを壊されることもあります。スーツケースの種類によっても防犯性は異なります。価格と防犯性は関係するでしょうか。

スーツケースの種類

フレームタイプ
フレームタイプ
ファスナータイプ
ファスナータイプ

利点欠点
フレーム密閉性が高く、強度がある分防犯性が高い重量が出る
フレームがゆがむと閉まらない
ファスナー軽くて柔軟性があり、ゆがみや変形に強いファスナー部分が防犯性に欠ける
ファスナータブが取れるとロックできない

ダブル(二重)ファスナー

ファスナーエレメントが二重構造になっている二重ファスナー。シングルファスナーに比べ強度があり刃物でもこじ開けにくくなるため、ファスナータイプの防犯性を強化します。

ダブルファスナー

TSAロック

アメリカの税関検査員が中身を確認する際に使用するロック。マスターキーを使用しTSAロックを解除するため、TSAロックが搭載されているとスーツケース本体の鍵を壊されずに済みます。

TSAロック

現在は値段の有無に関わらず搭載されていることが多いですが、機内持ち込みを前提としているSサイズスーツケースや、ソフトタイプのキャリーケースは搭載されていないものもあります。

TSAロックは緊急の場合など状況によっては、職員がロックを壊すことも皆無ではありません。また各航空会社によって対応が異なり、TSAロック搭載のスーツケースでも解錠して預けることを求められる場合があります。TSAロック搭載が絶対安全の基準となるわけではなさそうです。

また盗難については、中身だけ盗まれるということはまったく無いわけではありませんが、どちらかというとスーツケースごと盗まれてしまうことがほとんどです。安いとこじ開けやすく盗まれやすいということではないので、値段とセキュリティ面の関係はそこまでないと考えられます。

ただ、ロックに関わる部分が壊れやすい可能性は十分あります。フレームが衝撃でゆがんでしまった、ファスナータブが取れてしまった、というようなことがあると防犯性が格段に下がるので注意しましょう。

スーツケースは壊れる?

空港ではたくさんのスーツケースを限られた時間内に積み降します。国内ではあまり見かけませんが、海外だと積み上げて置かれたり、投げ入れのような無造作な扱いを受けることも珍しくありません。
空港で破損してしまうと、その後の旅行に大きな影響が出てしまいます。

壊れたスーツケース

車輪(キャスター)

スーツケースの突起部分は壊れやすく、預けたスーツケースが戻ってきた際、キャスターが外れてなくなっていたということもよくあります。

キャスターが外れてなくなっている状態

旅行先でキャスターが破損してしまうと、移動が極端に不便になります。普段ならば引いて移動するところを持ち上げて移動するとなると、時間も労力を割かれます。

では車輪数が多い4輪のほうが安心かというとそうではなく、2輪は車輪の一部がスーツケースに覆われており突起部が少ないので、剥き出しの4輪よりもキャスター破損の可能性は少ないです。

しかしながら、もちろん2輪はどちらか一方でも壊れると走りません。
キャスターはもっとも壊れやすく、旅行の移動に大きく影響する部分と言えるでしょう。

伸縮ハンドル(キャリーハンドル)

ハンドルの破損で多いのは、引き出したまま戻らなくなる・高さを固定できなくなる・収納されたまま引き出せなくなってしまう…など。

引き出したまま戻らないと預け入れの際に突起物となるため壊れやすくなったりします。反対にまったく引き出せなくなるとトップハンドルを持って運ばなくてはならず、移動に大きな支障がでます。

出し入れすることが多いほど壊れやすく、こちらも移動の快適さを左右するパーツです。

コーナー部分

スーツケースボディの破損で多いのは四隅のコーナー部分です。大きく凹むと、凹んだ部分からヒビ割れが発生することも。

コーナー部分の割れ

確かなスーツケースメーカーが作ったスーツケースであれば、たとえ凹んでしまっても修復可能であったり、凹みが割れに繋がらない耐久性があります。コーナーガードで補強されているとさらに安心です。

コーナーガードされたスーツケース
コーナーガードされたスーツケース

ひとたび割れてしまうと、密閉性、防水性、防犯性などスーツケースとしての機能がことごとくなくなってしまいます。突然の雨や防犯に気を取られて、旅行が楽しめないと残念ですね。

スーツケースレンタルと購入のメリットとデメリットを比較

取り扱いの性質上、破損の可能性があるスーツケース。素材や機能が大きく値段に反映されます。使い勝手や丈夫さに不安を持ちながら安いものを使用するよりも、確かなスーツケースメーカーが作った品質の高いスーツケースのほうが安心です。

以下、レンタルと購入のメリットデメリットを比較してみます。

利点欠点
アールワイレンタルで
レンタル
・高い品質のスーツケースを安い価格で利用できる
・メンテナンスの必要なし、壊れても大丈夫
・色々なタイプを試せる
・収納スペースがとられない
・早めに荷造りする場合はその分レンタル料金が発生
・飛行機の遅延等のトラブルが返却日に影響する
購入・店舗だと手に取って確かめられる
・荷造り~荷ほどきに余裕がある
・収納スペースがとられる
・旅行日数とサイズが合わないと不便

次に価格とスペックで比較してみます。

購入アールワイレンタルで
レンタル
価格3200円台~
送料込み
7日間4995円(ネット注文で10%OFF適用価格)
往復送料込み
重量3.5kg3.0kg
素材ABS樹脂ポリカーボネート
フレーム/ファスナーファスナーファスナー
保証一年間の部品保証
※ボディの破損、傷や汚れ、空港での預け入れ時に発生した破損や故障は対象外
使用中の破損(凹み・割れ・キャスター破損含む)、傷や汚れ等すべて無償保証

※Mサイズ50Lのスーツケースを旅行日程3泊4日として比較。
※レンタルは出発日の2日前をレンタル開始日、帰宅日の1日後をレンタル終了日として7日間で計算。

購入の価格や仕様はあくまで一例ですが、レンタルのほうが1800円程度高くなりますね。 消耗品と割り切って安いスーツケースを購入するのも手ですが、使用感や安心感をとるならレンタルを検討してみてください。

人気の格安レンタルスーツケースをご紹介

安い・かわいい・おしゃれなレンタルスーツケースメーカー・ブランド

アールワイレンタルで取り扱っている商品の中から、安くてかわいい、おしゃれなスーツケースをご紹介します。

エース ハントマインのスーツケースを格安レンタル

女性のために作られた、かわいいデザインと機能性抜群のスーツケース。

イノベーターのスーツケースを格安レンタル

パーツや内装の細かいところにまでこだわりが見える、デザイン性の高いスーツケース。

無印良品のスーツケースを格安レンタル

パステルカラーのシンプルデザインで、欲しい機能が満載のスーツケース。

リモワ サルサエアーのスーツケースを格安レンタル

耐久性・軽さ・デザイン、すべてが詰め込まれたリモワのスーツケース。
レンタルならハイブランドスーツケースでも気軽にお試しできます!

アールワイレンタルブログ「かわいいキャリーケース 女子におすすめの11ブランド」でもたくさんのかわいいスーツケースをご紹介しています。

安い・丈夫なレンタルスーツケースメーカー・ブランド

サムソナイト コスモライトのスーツケースを格安レンタル

ポリカーボネートよりもさらに衝撃に強く、驚きの軽さを誇るスーツケース。

サンコー スーパーライトMGCのスーツケースを格安レンタル

フレームタイプの強度はそのままに、重量が出るデメリットを克服した安全性の高いスーツケース。

プロテカ(エース) エキノックスライトオーレのスーツケースを格安レンタル

長期使用に耐えうる、耐久性・機能性に優れたスーツケース。

スーツケースメーカー・ブランドからサイズ別で選んでレンタル

アールワイレンタルではサイズや宿泊日数からもスーツケースを選べます。 同サイズでもブランドによって容量は異なるので、ご旅行に合った大きさを探してみてください。

アールワイレンタルでサイズ・宿泊日数から選ぶ

まとめ

スーツケースの値段と品質の関係や、壊れやすさについてご紹介しました。取り扱い方や使用頻度にもよりますが、スーツケースは消耗品であると考えたほうがいいでしょう。
破損などでせっかくの旅行が台無しになってしまうことだけは避けたいもの。ご自分の旅行を快適にしてくれるスーツケースをぜひ選んでくださいね。